2018-05 ナンバープレートの再発行&リア・ライセンスフレームの取り付け
 
納車から15年後 ・・・  ナンバープレートが汚れてきたので、再発行(同一番号・前後2枚)をすることにしました。
また、前々から思っていた 「リア・ライセンスフレーム」 を取り付けも同時に・・・
 


再発行〜取り付け迄の手順
 
ナンバープレートの再発行手続きは、住所地を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所でおこないます。


@運輸支局に行き、申請書を提出 (印鑑、車検証)
  申請理由は、汚れ・棄損

A申請後、ナンバープレートの出来上がる日を教えてもらえる

Bナンバープレートの出来上がる日以降に、実車で運輸支局に出向く

C指定の場所に駐車し、自分でナンバープレートを外す

D外したナンバープレートを持って、新しいナンバープレートを受け取る(申請費、ナンバープレート代の支払、印鑑)

E自分で、ナンバープレートを取り付ける

F取り付け完了を報告すると、検査官が封印金具を取り付け。

 



ライセンスフレームの取り付けでの問題
 
  ※ライセンスフレームに穴が開いているが、実際の穴の位置が違う!
    穴をあけるにも道具が無い。家に帰るにもナンバー無しには運転できない。
  それで、近くのホームセンター迄歩いて行き、キリとヤスリセットを購入
  ライセンスフレームはプラスチック製樹脂の為、比較的作業は楽であったが、2つの穴で約20分もかかった。


※材質は樹脂製なので、穴あけ加工は木製キリで可能。
また、穴を大きくするのにヤスリセットが必要です。(主に丸と半丸)

穴の位置決めは
@車両の取り付け穴をテープ等で塞ぐ
A取り付け穴にペイントを少し塗る(盛る)
Bライセンスフレームをあてがう
Cライセンスフレームの裏側付いたペイントを中心にキリで穴を開ける
D丸ヤスリで穴を広げていく
E半丸ヤスリでさらに広げる



  
  ※ライセンスフレームのナンバー取り付け範囲が、ナンバープレートより2〜3mm小さい!
    ナンバープレートの左右をヤスリで削り加工することは不可なので
  左右すこし浮かして取り付けた。


  やはり、海外製の品質ですね・・・




  
  取り付け後
 
 

 



PTクルーザー TOPに戻る