クリムゾン システムズへ




紋紙(CGS)    ジャガード・ラッセルの編集



ジャガード織機は、紋紙(もんがみ)を読んで布を織ります。

紋紙(もんがみ)に穴が開いており、この情報から柄が出てきます。




紋紙(もんがみ)・・・ 細長いボール紙状のものを繋いだもの





写真の細長い物が、紋紙の1枚





当初、紋紙作成データは、紙テープでした。
その後フロッピーになりましたが、メーカー毎にバラバラなので
西陣織工業組合と京都染織試験場がFDフォーマットを規格化

当時標準のIBM 8インチ・フロッピーをベースに設計されました。
フロッピーは専用のフォーマットで、CGSフロッピーと呼ばれています。
( CGS: コンピューター・グラフィック・システム )

 【 CGSフォーマット 】






紋紙データ



8インチ → 5インチ → 3.5インチ・フロッピーへ
現在は、CGSフロッピー → 電子ジャガード式 になりました。




紋意匠のデザイン

専用のフィルムに模様を描き、イメージ・スキャナで読み取ります。
その後、PCで加工します。




デザイン原画
 


PCでデザインの編集
 


PCで加工後のデザイン
 





紋紙画像サンプル

色は筬の動作・糸の太さ等です。 → デザインしやすいように配色します。


















編集中の画面 罫線なし、倍率 8:8
















織機関連での、紋紙(もんがみ)データ用CGSフロピーで、8/5/3.5インチFDが有ります。

PC98もまだ有りますが、データ管理の橋渡し用にDOS/V機で管理するようにしました。
5インチのFDは98用とDOS/V用がありますので、DOS/V用を用意します。
また、動作環境のOSは、Windows95、98、Me です。


@ DOS/V機に5インチFDDを取り付けます。
98シリーズの5インチFDD NEC FD1155C を使用しました。

FDDケーブルの引き回しの関係で、3.5インチFDDをマウンターに載せてあります。
( 黒い「3.5−5マウンター」が余っていたので使用 )

NEC FD1155C




A AT互換機で使用するように FD1155Cのジャンパ設定します。
   PC98(初期値)  DOS/V   備 考  
 RD     2    1  Read Data信号のVFO回路の使用      1=無効、  2=有効
 USE     1    2  ヘッドロード機構とIn Use信号        (1=Head Load、  2=In Use
 MON     1    3  モーター制御方法               1=Motor On、 2=Head Load、 3=Drive Select
 DX    0/1    1  ドライブ番号  
 VC     ON    ON  信号線の終端抵抗の有無   ON固定
 DCG     1    2  34ピン信号                     11=Ready、 2=Disk Change
 HDE     1    1  標準密度モード時の回転速度      1=360rpm、 2=300rpm
 DEN     1    1  動作モード                1=2モード切替、 2=標準密度、 3=高密度


B FDDケーブルの接続(Bドライブ)
ケーブルがクロスしている方の前側(先頭)がAドライブで、次のコネクタがBドライブです。
太いコネクタが5インチ用、やや細いのが3.5インチ用です。
最近は5インチのコネクタが無いケーブルもありますので注意


C BIOSの設定
2台目のFDDを認識させる為、Bドライブを 1.2M 5インチに設定します。

注意点は、マザーボードで、FDDを1台しか設定できないのもありますから、確認が必要です。
もし、1台しか認識できなければ 3.5インチのFDDをあきらめることになります。
間口の5インチが用意できれば、あとは、LAN・USB等が利用できますから、3.5インチFDDは不要です。


D 動作確認
動作環境のOSは、Windows95、98、Me です。
Windows Meで 5インチドライブが認識できました。
▲ 上へ






ラッセル編集ソフトで、柄の編集をします。 

 
   


 
   









マウスでクリックすると、簡易シュミレーションのレースが表示されます。
(Java アプレットで表示)

柄01 柄02 柄03


▲ 上へ



CRIMSON Systems Homeへ Copyrught (C) CRIMSON Systems